GPSwalking

2021.08.29(日)
パソコン 
ローカル環境にWordPressを設置する 

8月27日に続いて、今回はXAMPPにWordPressを設置します。

これも80歳の頭では、直ぐに忘れてしまうし、前回参考にした記事がどれだったか分からなくなってしまうので、備忘録として、しっかり残しておきたいと思います。

今回参考にしたサイトは下記です。
https://tanweb.net/2018/12/12/24470/#XAMPP

WordPress 本体を設置

先ずは、WordPressの日本語版を公式サイトからダウンロードします。

解凍して得られたWordPressファイル一式

ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックして解凍すると「WordPress」フォルダができます。
その中にWordPressファイル一式が入っています。(左画面)


xamppのhtdocsフォルダ

解凍した「WordPress」フォルダを8月27日に設置した「XAMPP」の「htdocs」フォルダ配下にコピー。


htdocsにWordPressフォルダをコピーした状態

左画像はhtdocsフォルダへ WordPress本体をコピーしました。


gpswalkingにフォルダ名を変更

更にこのWordPress本体フォルダの名称を変更します。
これから作成しようとしているサイト名に変更しないと、後で複数のサイトを作る時に困ることになるからだそうです。
取り敢えず「gpswalking」に変更しました。


今回は以上の方法でWordPress本体を設置しましたが、複数サイトを設置する別の方法もあります。
それは下記のサイトを参照。
https://miya-system-works.com/blog/detail/104
これは『localhost + ポート番号』の組み合わせによるURLでアクセスできる様にするもので、

【サイト①】http://localhost:50000/
     (D:\xampp\htdocs\localsite1)
【サイト②】http://localhost:50001/
     (D:\xampp\htdocs\localsite2)
【サイト③】http://localhost:50002/
     (D:\xampp\htdocs\localsite3)

のようになります。
この方法だと、WordPress本体は1個で、ポート番号で複数個のサイトに対応するようになっているので、HDDの容量は少なくて済むと思います。
一方、今回採用した方法は、WordPress本体を複数個コピーするのでHDDの容量を多く消費するでしょう。

「ポート番号方式」は、利点もあるでしょうが、記事を読むと、結構ややこしそうだったので、今回は Dドライブに余裕もある事だし、直観的に分かり易い WordPress本体を複数コピーして、サイト名に変更する方式にしました。

XAMPP にアクセスしてデータベースを作る

ブラウザで「ローカルサーバーの URL」を開きます。
ブラウザのURL入力欄に「localhost」と入れてページを開きます。毎回入力が面倒なので、localhostをブックマークツールバーに保存すれば便利。

右上の「phpMyAdmin」を選択

localhost サーバーにアクセスができると、左の画面が表示されるので、右上の「phpMyAdmin」を選択します。


データベースを選択

データベースを作成するので、メニューの「データベース」を選択。


データベースを作成

赤枠で囲んだデータベース名に「gpswalking」を入力し、文字コード部分を「utf8mb4_general_ci」に変更し、最後に「作成」をクリック。


gpswalkingが作成されている

作成したデータベース名「gpswalking」が表示されています。これで作成完了。


WordPress をインストール

ブラウザの URL 入力欄「localhost/gpswalking」を入力するとインストールページが開きます。

WordPressのインストールスタート画面

「さあ、始めましょう!」をクリック。


データベース名などを入力

データベース名は「gpswalking」、ユーザー名は「root」、パスワードは空欄、データベースのホストは「localhost」、テーブル接頭辞はそのままで。
「送信」をクリック。


インストール実行画面

「インストール実行」をクリックすれば、ローカル環境で疑似サーバーが完成です。
あとはリモートサーバーの WordPress と同じ操作で、テーマやプラグインの導入など、すべて本物と同じです。


インストール画面

WordPressで作成するサイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力して、「WordPressをインストール」をクリック。


ログイン画面

さっき設定したユーザー名とパスワードが入っているログイン画面が表示されるので「ログイン」をクリック。


WordPress画面が開いた

おなじみのWordPressのダッシュボード画面が表示されました。めでたし・めでたし!!


次回以降ローカルサーバーのWordPressにアクセスするには、http://localhost/gpswalking/wp-admin にアクセスします。
毎回上記URLを入力しなくても良いように、デスクトップにショートカットを作成しました。

ショートカット作成法

デスクトップの何もない所で右クリック。

ショットカット新規作成1

「新規作成」→「ショートカット」を選択。


ショットカット新規作成2

「項目の場所を入力してください」で「http://localhost/gpswalking/wp-admin」を入力して「次へ」


名前を入力して完了

「このショートカットの名前を入力してください」に分かり易い名前を入力したら「完了」をクリック。

2021.08.29

データ

  • 天気
    晴れ

アーカイブス

ページのトップへ戻る