暮らしに役立つクレジットカード④

我が家のクレジットカードがまた1枚増えることになった。家電販売店の100満ボルトのカードだ。
台所のIHヒーターの天板の耐熱ガラスにヒビが入ってしまった。Panasonicに聞いてみたら13年前の製品ですから部品があるかどうか調べてみないと分かりません。と言う返事だった。
そこで最近はどんな製品があるのか近くの大型電気店へ行って見てみることにした。IHヒーターは13年経っても、大きな進歩はないようだ。3個あるヒーター部分がすべてIHになっていたり、魚焼き部分がIHになっていたりと、若干の違いはあるものの昔のモノと大きな違いはなかった。新しく買い換えたところで劇的に便利になり様なことは期待できないが、魚焼き部分が油で汚れているのがきれいになる程度だ。
しかし、妻にとってはこれが一番うれしいことらしい。
と言うことで買い換えることにした。

むかし、100満ボルトのクレジットカードも持っていたことがある。ポイント還元率が0.5%と低かったので、買い物時のポイントを貯めるカードとしてのみ使っていて、支払いは他社の還元率が良いカードを使っていた。ところが他社のクレジットカードを使った場合はポイントが付かないという規則になってしまったので、100満ボルトのカードは解約してしまった。

しかし、最近、店内の広告を見ると、100満ボルトのクレジットカードには、長期保証の特典が付いているらしい。IHヒーターを買い替えるなら長期保証の特典を利用するために再契約をした方が得だと思ったので、また100満ボルトのクレジットカード(JACCS系)を持つことになった。
ポイント還元率は1%で普通のレベルだが、消耗品やパソコンサプライなどに限って3%の還元率らしい。
ただ、利用料が年間¥980円かかる。長期保証料を毎年¥980円支払うようなものだが、年間15万円分クレジットカードを利用すれば翌年のカード利用料金は無料になるらしい。ただ、還元率が高いカードを持っているため、果たして年間15万円分もこの100満ボルトのクレジットカードを利用する機会があるかどうか、甚だ疑問である。

■ ということで、我が家のカードは6種類+1になった

上に書いたような理由で「100満ボルトのクレジットカード」を再度持つことになったが、その他に以前から持っていた QuickPayカードを使ってみると、これが意外と便利でポイント還元率も最高に良いことが分かった。と言うことで「6種類+1」と言うことになった。
カード名年会費ポイント
還元率
締日引落日その他
リクルートカードプラス2160円2.0%15日翌10日還元率2%は最高。新規契約は終了。
Pontaポイントに等価交換可能
有効期限満了後もリクルートカードプラスを更新できるらしい(^^♪
リクルートカード無料1.2%15日翌10日2016年9月からnanacoチャージはこれ
引落銀行の選択範囲が狭いため銀行の一本化ができなかった。
REXカード2700円
年間50万円利用で無料
1.5%月末翌27日1500ポイント毎にJデポ1500円分として支払額に充当できる
2017年10月から還元率が1.25%に低下
年会費は無料になる
PLANTカード無料0.5%
特定日
3.0%
月末翌27日地元スーパーで特定日3%値引+0.5%
500ポイント毎にJデポ500円分を支払額に充当できる
100満ボルトカード980円
年間15万円利用で無料
1.0%
特定品
3.0%
月末翌27日家電製品の長期保証が付く
消耗品等の購入でポイント3%
楽天カード無料1.0%月末翌27日楽天市場はアマゾンに比べ自分が選んだ商品のページに無駄な広告が多く汚い。
ポイントの使い勝手も悪く、今や不要なカードだが無料だから持っている。
QuicPay無料QuicPayの支払いに指定しているカードに準じる
当然リクルートカードプラスに紐付けしている
チャージ不要の電子マネーだが機能的にはクレジットカードに近い。
nanaco に付属している QuicPay を利用すると支払いクレジットカードのポイント+nanacoポイントの二重取りができる。(nanacoが使える店の場合)

■ カード別の年間利用額に対するポイント還元率の比較

上のグラフで横一直線のグラフは年会費が無料のカード。折れ線グラフのカードは年会費が必要なカードで、年間利用額がある一定額を超えると年会費が無料になるカード(REXカードや100満ボルトカード)は途中からカード本来の還元率で水平になる。
しかし、リクルートカードプラスは年間利用額によって年会費が無料になることはないので、年間利用額が多くなればポイント付与率が公称値の2%に限りなく近くなるが、どこまで行っても2%になることはない。
これは注意しておかなければならない。ポイント付与率の高さだけでカードを選択してしまうと、かえってポイント還元率が低くなってしまうことがあるということをこのグラフは示している。
その分岐点はREXカードの利用額が無料になる年間利用額50万円である。
また年会費がかかるリクルートカードプラスと年会費が無料のリクルートカードの損益分岐点は27万円であることが分かる。

このグラフから分かるように、年間利用額が50万円以下なら、年会費が無料のカードを選んだ方が無難だと言える。

また、REXカードは2017年10月支払い分から、ポイント還元率が2,000円に付き30ポイントが25ポイントに減額されるが年会費は無料になるという通知が届いた。還元率にすると1.25%になり、同じく年会費が無料のリクルートカード(1.2%)と僅差になる。
しかもリクルートカードのポイントは毎月の利用額に1.2%を乗じた計算だが、REXカードは2,000円に付き25ポイントの計算をする。そのため、端数が1,999円まではポイントが付かないことになり無駄が多い。
月間利用額が45,999円以下の場合は、還元率が高いREXカードの方がポイントが少なくなる逆転現象が起きることがある。(例えば39,900円の場合、REXカード=475ポイント、リクルートカード=478ポイント)

またJACCSから毎月届く「利用代金明細書」を見て分かったことだが、REXカードのポイントの計算はJデポという支払額の値引き後の金額で計算するのではなく、値引き前の金額で計算するようだ。つまり実際に支払う金額以上にポイントが貰えることになる。何という太っ腹!!


■ チリも積もれば山となる

ポイント1%と言うことは、1000円の買い物をしても、たった10円分のポイントが付くだけだと思うと、それほど気にすることもないと思う向きもあるだろう。確かに1回の買い物で得られるポイントは微々たるものに違いはない。しかし「塵も積もれば山となる」のことわざどおり我が家の場合で今年1月から6月15日までの累計を見ると¥3万8737円にもなっている。今後も同程度の支出をすると考えれば、年間のポイントは¥7万円を超えそうな感じだ。これは夫婦で1泊2日程度の旅行なら2回位は行けそうな額である。決して1%や2%位と侮ってはいられない額である。

<参考>リクルートカードおよびリクルートカードプラスのポイントはじゃらんの旅行代金に充てることが可能。またREXカードやPLANTカードのポイントは毎月の支払代金に充当できるため、楽天カードのようにポイント消化のための無駄な買い物をする必要がない。

データ
  • 2017.06.15(木)
アーカイブ

現在位置: ホームなんでも日記メニュー > このページ