呉羽山くれはやま (145.1m)

北陸の冬にしては、たいへん天気が良く山が良く見えるので、白馬岳を眺めようと思って、北陸道を走った。
家を出るのが遅かったので、尼御前で昼食。
富山西IC近くまで来ると、真っ白に輝く立山が目に飛び込んでくる。
このまま走っても、白馬に着いた頃には日が暮れているかも知れないと思って、急きょ呉羽山から立山を眺めることにルート変更。
期待通りの立山連峰を眺めながら遊歩道の落ち葉をカサカサと踏んで散策を楽しんだ。

車の中から展望を楽しむだけのつもりで家を出たので、カメラもGPSもリュックも一切用意してこなかったので、スマホで写真もGPSログも取った。
ちょうど「GPS Logger for Android」の設定をいろいろ変更してみた結果を試してみる良い機会になった。ポケットに入れたままで歩いたが、なかなか正確なログが取れている。中央付近から南西に伸びる軌跡は同じ道を往復したが、軌跡もほぼ重なっていて、これならGARMINのGPSと遜色なく使えそうだ。しかも歩いた歩数も別のアプリで同時に取れているからスマホは便利だ。

(画像をクリックすると拡大します)
データ
2016.12.03(土)
1人
しらとり広場
0.1km

14:10

14:19

展望台
0.5km

14:59

15:07

白鳥城跡
1.3km

 

15:30

のぞみの丘
1.0km

 

15:46

白鳥城祉南駐車場
1.4km

 

16:10

しらとり広場
歩行距離
4.3km
行動時間
1時間51分
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 鬼ヶ岳